リサイクルショップで買取されにくいものとは?|横浜のリサイクル買取なら【ダブろく】にお任せください。

ダブろく
  • HOME
  • ショップ案内
  • info@jw-6.jp
無料見積りフォーム
space
  • faq
Q

リサイクルショップで買取されにくいものとは?

質問横浜市内に住んでものですが、断捨離をして出た不用品を数点車に積み込んで市内のリサイクルショップをいくつか回って査定してもらうと、買取の対象になるものとならないものがお店によって異なることが分かりました。
お店ごとに買取額が異なることは承知していましたが、ものによって買取してもらえる場合とそうでないことがあるとは思ってもいませんでした。どうしてこのようなことが起きるのでしょうか?
一般的にリサイクルショップなどで買取されにくいものの特徴があれば教えてください。それと、買取できないと言われた不用品はどのようにして処分すれば良いかも教えて欲しいので、ご回答をお待ちしております。
A

在庫の数によって買取を断られることもあります

リサイクルショップでは、買取した品物を再販して利益を得ていますが、再販が難しいと判断された場合は買取不可となることがあります。この判断はお店によって異なり、再販が難しい場合でも査定額を落として買取する場合もあれば、買取を断られることもあります。
この判断は商品の状態によっても変わってきます。商品がキレイな状態なら買取の対象になることがありますが、汚れていて大掛かりな清掃が必要なら買取不可となったりします。
また、状態が良くても在庫がたくさんある場合は、再販までの時間や手間がかかると判断されて買取不可になることもあります。
お店によって必要としている商品が異なり、需要と供給が合えば多少状態が悪いようなものでも買取の対象になったりします。
したがって、リサイクルショップなどの買取店で買取不可と言われたら、他のお店を訪れたり問い合わせたりしてみましょう。どこでも買取してもらえないものでも、不用品の回収にも対応しているお店なら、無料もしくは有料で引き取って処分してもらうことができます。
その商品にリサイクルの価値があれば無料で回収してもらえる可能性はあり、リサイクルやリユースの可能性がなければお金を払って処分してもらうことになります。
買取店では値段が付かなくても、ネットオークションやフリマサイトを利用すれば、それを必要としている人が見つかることもあります。この場合は登録などの手続きや出品や商品の配送や取引相手とのやり取りなどのいろいろな手間がかかりますが。それを面倒だと思わないなら利用してみる価値はあります。
その他には、自治体のゴミ回収サービスを利用するのも不用品の処分方法です。

PageTop