リサイクル品の出張買取でよくあるトラブルとは|横浜のリサイクル買取なら【ダブろく】にお任せください。

ダブろく
  • HOME
  • ショップ案内
  • info@jw-6.jp
無料見積りフォーム
space
  • faq
Q

リサイクル品の出張買取でよくあるトラブルとは

質問今度はじめてリサイクル品の出張買取サービスを利用と思っているのですが、やはり知らない人を家にあげることには少なからず抵抗があります。
玄関先で査定をしてもらうことも考えたのですが、出張買取を選ぶ一番の理由は直接お店に運ぶことができない大型のリサイクル品が複数あるからです。
高額買取が確約されているなら、レンタカーでも借りて店頭買取してもらうという方法も選択できるのですが、さすがにそこまで高額で買取してもらえるものはないと思うので、今回はこれしか選択肢がないと考えました。
聞きたいことは出張買取でよくあるトラブルについてです。知っておけば予防にもつながると思います。もしトラブルに対する対応策をご存知ならそれも併せて教えてもらえるとありがたいです。
A

安く買取されたり無料で引き取られてしまったりすることはよくあります

出張買取では、事前に電話やメールでリサイクル品の概算の見積金額を算出してもらっていたのに、その金額より安く買取されてしまうようなことはよくあります。
それならまだ我慢できたので、無料で引き取られてしまって我慢できずにトラブルになったという事例も多く確認されています。
概算よりも安い値が付くことは、依頼者側がきちんとリサイクル品の状態を伝えていたったという場合も多いので業者が一方的に悪いというわけではありません。しかし、リサイクル業者の中にはわざと電話などで高い買取金額を提示して、現場に行くことができたらこっちのものだと、安い買取金額を提示したり、ゴミにしかならないので無料で引き取ってあげますなどと言って回収して半ば強引に商品を回収してくるような場合もあるのです。
それなら取引を中止すると伝えても、その場合は高額なキャンセル料や手数料がかかると脅して取引を成立させるような業者も少なくないのが現実です。
さらに、買取を断ったらその場にしつこく居座られて、それまで丁寧だった言葉遣いや態度が一変して、無理やり買取をされてしまったという方もいるようです。
出張買取では法律で決められた内容が記載された契約書をサービスの利用者に渡して、クーリングオフの制度を利用者に提示する義務があるのですが、契約書も渡さず、クーリングオフにも触れずにトラブルに発展しているケースも多数確認されています。
このようなトラブルを避けるには、事前に取引先の情報をしっかり集めて、契約書やクーリングオフの事項も確認しておくのが最も有効になります。

PageTop

  • ダブろく
  • 0120-536-040
  • 無料見積りフォーム